青森ヒバのシロアリによる試供実験

シロアリ実験写真

シロアリ写真A
(写真A)

写真Aは青森ヒバと米ヒバをプラスティックの容器内に入れ、シロアリの繁殖知らす異温度環境をつくり、その触害を調べようとしたものです。
シロアリ写真B
(写真B)
写真Bは3ヶ月を経た状態。同じ大きさの天然青森ヒバと米ヒバ。天然青森ヒバはほとんど食われていませんが、米ヒバはかなり食われています。

シロアリ写真C
(写真C)

写真Cは、ホワイトウッドの集成材に天然青森ヒバの集成材の単板を貼ったものの試験材。ホワイトウッドがかなり食べられ、表面のヒバの単板だけが残っている状態がわかります。シロアリが、青森ヒバをさけてホワイトウッドだけを食べています。

「集成土台の特長」へ  「施工実例」へ